どんな方法があるの?ネイルスクールで学べる技術について

ジェルも基本から応用まで幅広く学べる

ネイルスクールでは、ネイルの方法や技術を一から学ぶことができます。甘皮など爪周りのケアは、仕上がりに差が出る重要なポイントです。爪が欠けてしまったり、割れてしまった場合にはリペアを行います。お客様の負担を少なくするために、爪の長さや形を整えるのがファイリングです。エクステンションは人工の爪を装着することで、爪を長く見せることができます。細かなデザインを施すアートは、センスが求められる技術です。アクリル絵の具を使ったものや、ストーンアートなどさまざまな方法があります。ジェルは色塗りやエクステンションアートなど、ネイルサロンでも人気を集めている技術です。スクールでは基本から応用まで幅広く学べます。

ネイリストとしての接客方法も学べる

ネイルスクールには、ネイリストの接客方法を学べるところもあります。たとえ技術が優れていても、接客対応が良くなければお客様はなかなかリピーターにはなってくれません。スクールでは、講師が施術の流れもマンツーマンで指導してくれます。カウンセリングは、なるべく短時間でお客様のニーズを引き出すことが大事です。トップジェルをしっかり削り取ることで、オフも素早く行えます。ドライケアはキューティクルさえ丸く整っていれば、ポケットが完璧に出来ていなくても大丈夫です。ジェルを早く塗るためには、筆選びが重要になってきます。小さいブラシは一度に濡れる面積も小さいため、なるべく大きめのブラシでチャレンジしてみて下さい。

ネイルスクールでは、充実したカリキュラムを通してネイルの基礎から応用まで丁寧に学べるため、ネイル初心者でも安心して通える他、プロのネイリストを目指している場合にも役立ちます。