知っておきたい!一般的な歯医者と審美歯科の違い

一般的な歯医者と審美歯科はそもそも何が違うのか

歯医者と一口に言ってもいくつかの種類があるのですが、主に一般的な歯医者と審美歯科の2つに分けることが出来ると言えるでしょう。そしてこの2つには、治療目的の違いがまずあり、それによって費用にも違いも出てきます。まず一般的な歯医者は、虫歯や歯茎などの病気を治すことや、欠けてしまった歯を直して機能を回復させることが目的だと言えます。しかし一方の審美歯科の場合は、歯の形や色といった見た目を良くするための治療を行うことが目的であり、単なる病気治療が目的ではないという違いがあると言えるでしょう。一般的の歯医者では、病気治療は出来るものの、その見た目の仕上がりがいまいちという場合があるため、見た目までキレイにしたい場合などに審美歯科が利用されます。

保険適用されるかどうかで費用に違いが出る

一般的な歯科と審美歯科は、治療目的だけでなく費用面でも違いがあり、特に審美歯科では保険適用されない治療が多いため費用が高くなる傾向があります。保険は、病気治療が対象となっているため、一般的な歯医者で行われる虫歯治療などには当然適用されます。しかし審美歯科の場合は、見た目を良くすることが目的なので病気治療とはみなされず、保険適用外の自由診療になってしまう場合が多いと言えるでしょう。審美歯科で行われる治療としては、歯並びを良くする矯正や、歯を白くキレイにするホワイトニングなどがあり、基本的に保険適用外になります。また、歯の被せ物などに使う素材についても、オールセラミックなどのより自然に見える素材を使う場合は、保険適用外になり費用が高くなってしまうと言えるでしょう。

鎌ヶ谷の歯医者ですが、新鎌ヶ谷駅の周りには5件の歯医者があります。徒歩5分圏内には2件、初富方向までいけば3件の歯医者があります。困った時もアクセス良好ですぐに行くことが出来ます。