虫歯は絶対治療が必要だけど歯石も取らないといけないの?

痛みなどの自覚症状がほとんどない歯石

自分の歯を失わず、ずっと残すためには毎日のお手入れが大切です。しかし、歯並びが悪いと丁寧に歯ブラシで磨いても食べかすを取り残してしまうこともあるでしょう。食べかすがそのままになってしまった歯というのは、やがて歯石がついてしまうか、あるいは虫歯になってしまう可能性が高くなります。

虫歯になると歯の表面が黒くなったり、あるいは痛みが出たりして、すぐに治療しなければならないということはわかりますが、歯石がついている場合は、それほど自覚症状を感じないことも珍しくありません。では、歯石がついたとき、それを取り除かないといけない理由としてどのようなことが挙げられるのでしょうか。

まず、歯肉のダメージを与えてしまうということが挙げられます。歯石は歯垢などの汚れが固まったもので、名前の通り、石のように堅いです。それが歯の表面にこびりつくことで歯肉を圧迫し、結果、炎症が起こります。歯磨きをするとすぐに歯茎から出血する場合、歯石のせいで歯茎が腫れているのが原因であることが多いです。

歯石を放置することは最終的に歯を失うことにつながる

また、歯石がついているとその表面に歯垢がこびりつきやすくなるという問題もあります。健康的な歯は表面がつるつるしているので、きちんと歯ブラシでブラッシングすれば汚れが簡単に落ちますが、歯石の表面はざらざらしているので、ここに歯垢がつくと除去しにくいからです。歯垢は歯に直接ダメージを与え、虫歯をできやすくしてしまうので、歯石を放っておくことは、最終的に虫歯によって歯を失うことにつながります。したがって、歯を失いたくないのであれば歯石はきっちとり取る必要があるのです。

根管治療とは歯の根の中の血管や神経が通っている管を治療すること。基本的には清掃して悪い部分を取り除き、詰め物をして消毒します。