治療費の高いインプラントを選ぶメリットは?

自然な色合いの歯を入れられる

歯を失ったとしても、ブリッジや入れ歯など、カバーする方法はいくつかあります。そうした中であえて治療費の高いインプラントを選択するメリットとしてどのようなことが挙げられるでしょうか。

まず、自然な色合いの義歯を入れられるということがあります。前歯であればブリッジでも差し歯でも白い義歯を入れることが可能ですが、色のバランスを考えて作ってくれるわけではありません。しかし、インプラントの場合は、材料を自由に選択できるので歯の状況を写真で撮影し、色のバランスを考慮して義歯を作ってもらうことができます。そのため、前歯にインプラントを入れた場合でも、そこだけやたらと白いといった不自然さを感じさせないことが可能なのです。

強度があって長持ちさせられる

きちんと手入れを行えば、差し歯やブリッジと比べると長持ちするのもインプラントを選ぶメリットになるでしょう。保険を使って入れることができる白い義歯の場合、強度の面ではそれほど強いわけではありません。そのため、使い続けると割れてしまうことがあり得ます。インプラントで使用する義歯の強度は色が白くてもかなり強く、歯槽膿漏などに注意すれば高齢者になってもそのまま使える可能性が高いです。

また、差し歯やブリッジの場合、土台になった歯が虫歯になってしまい、義歯を外して治療を行うことがありますが、あごの骨に金属の支柱を立てて土台にするインプラントはそういったトラブルが起こらないので楽といえるでしょう。

杉並区で行うインプラントなら、院内感染の心配のない治療を行ってくれ、性能の良い減菌機器を使用しているところがいいです。